映画レビュー0020 『アイアンマン』

アイアンマン、カプコンの某格ゲーで使ってました。

アイアンマン

Iron Man
監督
脚本
マーク・ファーガス
ホーク・オストビー
アート・マーカム
マット・ホロウェイ
出演
音楽
ラミン・ジャワディ
公開
2008年4月14日 オーストラリア
上映時間
125分
製作国
アメリカ
視聴環境
TSUTAYA DISCASレンタル(DVD・TV)

アイアンマン

天才発明家が作った最終兵器。

超! 面白かった。

10

アイアンマンって日本での知名度はどうなんでしょうか。公開当時、「またエラい渋いの持ってきたなぁ」と思ってました。顔もウォーズマンみたいで地味だし。

で、結果。

90にしようか100にしようかでちょっと悩みましたが、もうほんとに単純に楽しくて、娯楽映画の極みを観た気がしたので、勢い込みで満点! としましょう。

とにかく、面白かった。

まず、映画でこんなにはっきり笑ったのは久しぶりじゃないか、というぐらい笑いました。

なんだろう…決して深い話ではないんですが、少年のように眺め、少年のように笑いました。そして少年のようにワクワク。SF的な世界のテクノロジーを、映画製作のテクノロジーの進化で見せる。これがまたワクワクポイント。

アメコミが元になっている破天荒さを、CGと演出ですごくうまく作り上げていましたね。

かなりお金がかかってそうでしたが、良いお金のかけ方というか、これだけの作りならお金かけるべき! と思えるクオリティがまたスゴイ。

音楽もノリノリ(死語)で。もう文句なし。劇場で観たかった!

ココが○

上に全部書いちゃったよちくしょう!

ココが×

強いて言えば、やっぱりアメコミだけに、ストーリーは読みやすいっちゃー読みやすいです。でも読めても面白ければいいじゃん! と思わせる勢いがありました。

MVA

主演のロバート・ダウニー・Jrは初めて見ました。公開前はいろいろ賛否両論あったようですが、ものすごくよかったですね。ちょっと歳食ってるヒーロー、っていうのがまた新鮮でよかった。

でも!

いやぁ、ごめんなさい。男ですからボク。(何)

この人でしょう!

グウィネス・パルトロー(ヴァージニア・"ペッパー"・ポッツ役)

もう超かわいい。超。

ただかわいいだけじゃなくて、ところどころの表情がすごくしっかり演技してて、それがすごくよかった! 近くにいたら絶対惚れますね。そりゃブラピもお熱になるはずですよ。(昔の話)

でも「セブン」の時は暗い表情が多かったせいか、なんかパッとしないなぁと思ってたんですが、あれから14年も経つのに逆に若返って見えたのが不思議。女優さんってすごいですね~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA