映画レビュー0073 『オーシャンズ11』

ちょいとレンタルの方の返却&発送が遅れてるもんで手持ちの中からこの一本。おそらく3回目の鑑賞。

オーシャンズ11

Ocean’s Eleven
ラスベガスのカジノ「ベラージオ」の金を盗むため仲間を集めたオーシャンだが、もう一つ、あるものを盗もうとしていた。

ハッピーになれる映画。

9.5

豪華キャスト故かいろいろ叩かれる作品ですが、個人的にこのシリーズは本当に歴代上位に来るぐらい、大好きなのです。好きなものは好きと言いたい! 今日はそんなレビューです。

まあ嫌いな人は嫌いでいいんですが、批判は受け付けませんよ! よくいるでしょ? 人がウマイって言ってるのに「えー、こんなのが美味しいの? 」って言うヤツ。うるせえよ! 俺はウマイと思うから食うんだよ! マズイなら食うなよバカ!! と声を大にして言いたい。俺はこのシリーズを食い続けたいんじゃー!(声大)

ということでお気に入り。ではどこがお気に入りなのかをおさらいしていきましょう。

まず基本的に、この映画はオサレ映画の一種だと思いますが、そのオサレさが心地良いんですよ。

ファンクっぽい音楽もバッチリ、小粋なジョークを織り交ぜつつ、テンポの良い展開で飽きさせない。オープニングの控え目なタイトルロールからしてもうオサレ。そのオサレの見せ方、演出の仕方の塩梅がとても気持ちいい。

偉そうなことは言えませんが、例えば自分の仕事でも「シンプルに」と言われれば、それなりにシンプルに作るわけですが、逆にシンプルすぎると絶対に物足りなくなります。「どうやってシンプルに見せるのか」を考えて、「凝ってるんだけど凝ってるように見せない」のが腕なわけです。(僕にその腕があるのかは別問題)

そういう面で、このシリーズは嫌味さが無いし、サラッとかっこよく魅せてくれるのがまずイイ。「華やかさ」ってこういうことを言うんだよ! バカ!(急ギレ)

次に、「不幸のない世界」がイイ。

もちろんやりこめられる悪役は当然いるわけですが、誰かが死ぬわけでもなく、ドンパチも無い。この安心感がイイ。誰かが死ぬ、誰かが裏切る、そういう内容だとやっぱりどこか違った後味になると思いますが、このシリーズはとにかくそれがなくて、サラッと爽やか。「あー面白かった」でおしまい。

そこがまたすごくイイわけです。エンタメの王道ですよ。変な説教じみた人生訓とかいらないわけです。もちろんそういうのがあっていい映画もありますが、そういう要素のない、サラッとした映画も観たいわけですよ。だからこそ、誰にでも「観てみれば? 」と勧められる映画です。

これを観てあーだこーだ深さが無いだの意外性が無いだの言い始める輩はダメですよ。雰囲気、空気を楽しむ映画ですからね。もちろんストーリーも好きですが。

そしてもう一つ書いておきたいのが、「友情」。

あんまりそういう視点で観る人は(特に11と12は)いないと思いますが、根底に…というか隠し味として、「男の友情」というテーマがあるのは間違いありません。

ただの犯罪映画で「やりこめたったぜーザマー」って言うだけなら、ラストの名曲「月の光」をバックに噴水を眺めるシーン、いらないでしょう。あそこで各々が確かめるわけですよ。イイ仕事したぜ、イイ仲間だったぜ、楽しい日々だったぜ、と。セリフは一切無いけど、あのシーンがすごく好きです。

正直、彼らにはお金なんてどうでもいいんじゃないかと。やってやったぜ、お前ら最高だったな、っていう満足感。

そのすべてがあのシーンに集約されていて、その満足な顔を眺めてコチラも満足なわけです。素敵。こんな仲間に憧れます。

ということでストーリーにはほぼ触れず、単なる応援団的レビューになりましたが、まだ観てないなら観ろや! ということで。

好きな人なら、ラストは結構スカッとします。多分。

ココが○

人が多いだのなんだの言う人がいますが、役割分担がはっきりしてるせいか、人数の割には非常にわかりやすい映画だと思います。

それぞれキャラもしっかりしてるし、何気に見た目的にもイケメン・黒人・老人等々分けられてるので、誰でも理解しやすい映画なんじゃないかなーと。

ココが×

僕にとってはただ一点、申し訳ないけどジュリア・ロバーツが綺麗じゃない。妙に細すぎて色気ゼロ。

“煽り”後の登場だけに、毎回ガッカリ。まあ、これは好みの問題ですけどね! ただ他にもっといい女優さんいたんじゃないかなぁ、と…。

MVA

さて、MVA。今更ながらおさらいですが、MVAは「Most Valuable Actor(Actress)」の略ですからね! 早い話が一番よかった役者さんということで。っとなるとこの映画はもうこの人しかいません。

ブラッド・ピット(ラスティ・ライアン役)

ブラピの真骨頂。(と勝手に言っている)

とにかくこの役のブラピはかっこいいしハマりすぎ。悪ガキっぽさを残しつつ、キレる・デキる男っぽさムンムン。コメディタッチの演技もさすがです。あのヅラとか。怪しすぎだろ! っていう。そういうのも含めて、最高。

世界一サテン地のYシャツが似合うね、きっと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA