映画レビュー0004 『ダ・ヴィンチ・コード』

へいへい、本日はこちらでございやす。

当時話題の頃に原作は読んでいて、その頃から観よう観ようと思いつつ今まで放置してました。おかげで原作サッパリ忘れてます。

ダ・ヴィンチ・コード

The Da Vinci Code
監督
脚本
原作
『ダ・ヴィンチ・コード』
ダン・ブラウン
出演
イアン・マッケラン
アルフレッド・モリーナ
ユルゲン・プロホノフ
音楽
公開
2006年5月19日 アメリカ
上映時間
149分(劇場公開版)
174分(エクステンデッド版)
製作国
アメリカ

ダ・ヴィンチ・コード

ルーブル美術館館長が殺害され、その容疑者として追われる身になった教授が、キリスト教の歴史に迫るよ! 迫っちゃうよ!

原作のダイジェストにしかなってない。

3.0

うーん。これは判断が難しい。

やっぱり原作を読んでると内容の把握の仕方が違うので、純粋に「映画として初めて観たストーリーの評価」とは変わって来ちゃうと思うんですよね。だから公平に評価することができないんだけど、原作を読んだ人間からしたら、やっぱり(よくある話ですが)はしょりすぎかな、と。

この映画を普通に観たときに、内容を理解する以前にストーリーに興味を持てるのか? というのがすごく疑問。なんというか導線が無さすぎて、スタートからどういう話なのか、軸が見えないから興味が持てない感じ。

大雑把に言っちゃうと「原作のダイジェスト」でしかなくて、映画だけでは深さが全然足りないので当然面白くなくなります。

ちなみに僕も原作すっかり忘れてたせいもあって、全然頭に入ってこなかったよ。じゃあ「原作読んだ人間としての意見」じゃないじゃねーかよ! 的な話もありつつ。

原作の半分ぐらいしか楽しめなかった、ってことで5.0。と思ったけど、まだ[ザ・マジックアワー]の方がマシだったので1.0点減らしました。(10/12/01・さらに見直しにより3.0にしました)

原作も10点満点、ってわけでもなかったし。面白かったけど。

ココが○

CGはよくできていたと思います。

あと、公開当時に映画の写真を観て、主人公のラングドン役にトム・ハンクスっていうのに(トム・ハンクス自体は嫌いじゃないけど)疑問を感じ、さらに横にいたヒロイン役の女優さんもちょっとなぁ…と思ってたんですが、女優さんの方は良かったです。綺麗すぎないぐらいに綺麗で。(※2017年追記:彼女があの「アメリ」のオドレイ・トトゥと知ったのはその後の話であった)

じゃあトムの方はと言うと…?

続きはWebで

ココが×

やーっぱりトム・ハンクスじゃなかったと思うんですよ。

演技は妥当なんだけど、男前っぷりが足りない。なんだろう…原作のイメージからすると、ちょいプレイボーイっぽさが足りないと言うか。頭が寂しいと言うか。それは言っちゃダメですね、ハイ。

あとはやっぱり脚本ですね。

そもそもこの話の背景には、キリスト教のいろいろな枝葉の話があって、そこのタブーに切れ込むワクワク感というか、歴史をひっくり返すぐらいすごい事実に迫る、謎解きとしてのおもしろさが主体だと思うんですが、その辺の描き方がまー足りない。全然ダメ。

かといってアクションでもないし、ラブロマンスでもないし、サスペンスでもないし、じゃあなに? っていう。

全体的に中途半端な感じが否めません。

エンディングも、原作はもっと「おおっ…」って展開だった気がしたんですが、なんか本作(映画)だとえらい突拍子もない感じで、なんでこうなったの? って理解できない。

ウーム…。

次作(原作で言えば前作)の『天使と悪魔』も原作を読んだんですが、映像化という面では今作よりも面白くなりそうだと思ってるので、期待してるんですが…同じスタッフじゃ厳しいかもなぁ…。

MVA

イマイチ役者さんもグッと来ませんでした。内容が入ってこなかったからかなぁ。あえて一人、挙げるとすれば、この人。

ポール・ベタニー(シラス役)

しびれるような演技! とかそういうのはなく、あくまで「あえて」。この辺にもこの映画の残念っぷりが現れている気が…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA