映画レビュー0031 『グラディエーター』

懐かしいですねー。二度目の鑑賞です。

グラディエーター

Gladiator
監督
脚本
デヴィッド・フランゾーニ
出演
音楽
リサ・ジェラルド
公開
2000年5月5日 アメリカ
上映時間
155分(劇場公開版)
172分(完全版)
製作国
アメリカ

グラディエーター

将軍から奴隷へ、奴隷から「グラディエーター」へ…。

これぞ「男の映画」。

9.0

まさに名作、大作といった表現がしっくりくる、歴史に残る名作ですね。

ラッセル・クロウは一番いい時期に一番いい役をやった感じがします。とにかく男臭くてかっこいい。

「男の映画」というのは、決して女性向きではないとかそういう意味ではなくて、「男ならこうありたい」と思わせるような、「男像」を描ききっている点で、という意味です。

そんなわけで本当に役も演技もかっこいいラッセル・クロウに目が行きがちですが、他の役者陣もすばらしいですね。

特に相手役となる皇帝のホアキン・フェニックスはまさに適役。本当に嫌な権力者を見事に演じていました。

ココが○

いわゆる「壮大なスペクタクル」として、冒頭の戦闘シーンに始まり、とにかく戦闘がしっかり作られています。特に音響面の臨場感たるや相当なもの。

実は初めてホームシアターを作ったときに、最初に観たのがこの映画でした。そのときの驚きがよみがえりましたね~。

ストーリーも実は日本人好みだったりして、西洋の歴史モノでありつつも日本人向きな内容だと思います。

ココが×

大したものではないですが若干暴力的なシーンがあるので、そういうのが苦手な人は観ない方が無難かもしれません。

MVA

ホアキン・フェニックスもよかったんですが、この映画はやっぱりどう考えても

ラッセル・クロウ(マキシマス役)

ですよねぇ。

ラッセル・クロウは声もいいんですよねー。映画は字幕じゃないとイカンですよ。やっぱり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA